入居率の高い収益物件とは|借り手のニーズや時代の流れを把握

住宅

契約前に注意すること

電卓と家

アパートやマンションの経営をするときに最初に気になるのが、大手のハウスメーカーが行っている家賃保証のサービスでしょう。アパートやマンション経営では毎月安定した家賃収入を得ることが最大の魅力ですが、入居者が入らなくては家賃収入を得ることが出来ません。それどころか損失が出る可能性もあります。そのため、家賃保証をしてくれる大手のハウスメーカーが気になっている人もいるでしょう。

アパートやマンションのオーナーにとってはすごく有り難いサービスですが、家賃保証のサービスを行なう時は十分に注意が必要です。入居者の有無に関わらず毎月に一定にリース料金をハウスメーカーから貰え、入居者のトラブルや契約、クレーム対応などは全てハウスメーカーが行ってくれるためメリットしかないように感じる人もいるでしょう。しかし、よく契約書を読んでから家賃保証のサービスを行なってください。最初の契約では完全に保証されないケースもあるからです。契約の内容によっては、土地の価格が下がったことで、アパートやマンションが老朽化したことで、家賃を減額されることもあります。何度も家賃を減額されると不動産経営は破綻してしまうでしょう。そのため、家賃保証の契約をハウスメーカーと行なう時はしっかりと契約書を読みましょう。

また、実績と経験が豊富なハウスメーカーと契約することもポイントです。契約したハウスメーカーが倒産する可能性もあるからです。そうなると家賃保証どころではありません。倒産しない信頼出来るハウスメーカーを探すことが重要です。