入居率の高い収益物件とは|借り手のニーズや時代の流れを把握

住宅

賃貸管理が楽になる契約

男性

老後はアパートやマンションを経営して家賃収入で生活して行こうと考えている人も多くいるでしょう。しかし、アパートやマンションを経営することはとても大変なことです。入居者が沢山いる時は毎月安定した収入を得ることが可能ですが、入居者がいなくなることもあります。そうなると、家賃収入は入ってこないだけでなく、建物の維持費用が必要なので赤字になることもあります。さらに、入居者とのトラブルも考えられます。精神的にも肉体的にも大変負担が大きいので、アパートやマンション経営をする時はサブリース契約を行ったほうが楽でしょう。

サブリース契約とは、簡単に一言でいうと又貸しです。アパートやマンションのオーナーが管理会社とサブリース契約をすることによって、入居者が全くいない場合でも毎月安定した収入を保証する契約です。さらに入居者とのトラブルの管理会社の担当者が解決しますし、新たな入居者が見つかった時の面倒な契約手続きも全て担当者がオーナーの代わりに行ってくれます。そのため、オーナーはアパートやマンション経営のリスクを背負わずに済みます。さらに確定申告が非常に簡単に終わります。毎年年度末が近づくと確定申告があるので、憂鬱な気分になる人は多いでしょう。しかし、サブリース契約を行っている場合は、面倒な確定申告も記入するのが少なくて手間が省けます。アパートやマンション経営を検討している人は、管理会社が全てのリスクを背負ってくれるサブリース契約も検討してみましょう。