入居率の高い収益物件とは|借り手のニーズや時代の流れを把握

4つの模型

入居率を上げる方法

お金と模型

収益物件という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。最近は資産運用のために不動産を購入する人も増えていて、家賃収入を得るために購入した物件のことを収益物件といいます。

購入した大阪の物件を他人に貸し出すことで家賃収入を得ることが目的です。そのため良い物件の場合は毎月安定した収入が入ってくるのが最大の魅力です。しかし、人気のない物件では入居者は入りません。入居者が沢山入る、空室が少ない物件の選び方を紹介します。

大阪の不動産を空室を少なくするためには、物件の利便性が重要になります。人間が生活する上では利便性を大事で、快適に過ごすことが出来る室内空間の物件でも利便性が悪いと人気はなくなります。収益物件の最低条件として駅から徒歩10分くらいの立地で、最寄り駅は路線が多いと好条件でしょう。さらに物件の近くには病院や学校、ショッピングモールなどの施設があり、買い物もすぐ出来るようにスーパーやコンビニが近いと利便性はアップします。さらにファミリーをターゲットにするのなら物件の近くに子供と一緒に遊ぶことが出来る公園がある方が良いでしょう。公共施設も歩いて行ける距離にあることを重視する人もいるので忘れてはいけません。

また、忘れては行けないのが時代に流れに合っている収益物件かどうかです。最近ではセキュリティ対策が万全な物件が人気となっています。女性のひとり暮らしも多くなっているので、マンション敷地内に防犯カメラを設置したり、ピッキングすることが難しいドアにしたりする必要があるでしょう。アパートやマンションの入居率を上げたい場合はセキュリティを強化しましょう。

初心者は情報収集が大事

講演

最近は不動産投資を行って収入を得ようと考える人が多くなっています。しかし、初心者がなんの知識も持たずに不動産投資をするのはリスクが大きいので、最初はセミナーで勉強して情報収集をしましょう。講師の話はとても参考になるでしょう。

Read More

賃貸管理が楽になる契約

男性

アパートやマンション経営をして毎月安定した家賃収入を手にすることが出来るのは、誰もが一度は考えるでしょう。しかし、オーナーはリスクも背負っています。そのリクスを管理会社が肩代わりしてくれるサブリース契約が非常に便利です。

Read More

契約前に注意すること

電卓と家

自分でアパートやマンションを経営することはとても大変なことです。そのため、大手のハウスメーカーが行なっている家賃保証サービスをしている人もいます。毎月の家賃を保証してくれるサービスなのですが、契約する前に注意してほしいことがあります。

Read More